Latest Publications

神待ち掲示板に書き込んでいるのは?

神待ちという言葉は家出中の女の子たちが出会い系サイトの中で使う隠語みたいなものです。家出中だと泊まるところもないし、お金もないしという状況に陥ってしまいます。そんな時に「泊まれるところを提供してくれる男性」を神として、その神を探すことが「神待ち」になるのです。「家出してるので、だれか泊めてくれないですか」ということを、このひとことで表しています。
神待ち掲示板というのは、そういった「神待ち」の専用の掲示板です。もし「いいよ」と言ってくれる男性がいれば、それは間違いなく一人暮らしですから、当然セックスを期待しています。18歳未満であれば立派に犯罪になってしまいますが、それをものともしない男性がアプローチしてきていると考えていいでしょう。ただし女の子の方もそれをわかっていますので、応じてきます。この神待ち掲示板自体が出会い系であるのかというと、一応非出会い系となっています。またお金の授受が発生しているわけでないので、神待ちは援助交際でもないし、それを募集する場を提供しているわけでもないという解釈を運営側はしています。もしそこで犯罪行為を犯している男性がいたとしても、自己判断でおこなったこと。神待ち掲示板の側は一切関わりないこととなっているのです。また恐喝に使われることもかなりの件数起こっているようですが、これもまた運営側に責任は一切無いというスタンスです。一見自由度が高く遊びやすい掲示板とも言えますが、自分を律する力がつよく、また危険回避能力が高くなければ、トラブルに巻き込まれやすいということとも言えます。すべてが自己責任というのは、大変難しいものです。恐喝などに巻き込まれたときは、「自分も咎められてしまう」などということを考えずに、まず警察へ相談するというのが大切な事です。勇気がいりますが、この行動が被害拡大を防ぐことになります。
一見女子中学生や女子高生しかいないかに見える神待ち掲示板ですが、近頃は家出した主婦なども利用しているようです。年齢層が段々と拡大してきています。となると成人としての行動をとっている男性も、この神待ち掲示板を利用する事になってくるのかもしれません。年齢はきちんと確認するようのすればいいわけですから、未成年との関係をよしと考えてない人はその出会いは回避することが出来ます。「困っている家で主婦を助けてあげて、自分も楽しもう」という目的でも利用出来るものになってくるでしょう。

神待ち掲示板とは

神待ち掲示板とは、泊めてくれるところを与えてくれるような神様を探すもしくは募集するための掲示板です。一応18歳未満の利用は禁止となっていますが、「今日泊まる家がないので」「お金が全く無いので」なんて言っている子の全員が果たして18歳以上なのかというとどうもわかりません。大学生や専門学校生、働いているといった年齢が18歳以上ですから、家出をしていると考えられるそのような書き込みは、あまりに「青少年的」です。ただし高校生でも18歳はいますので「ぎりぎりOKなんじゃね?」と言う考え方もできますが、ギリギリほど不安定なものもありません。ころっと青少年に引っかかってお縄になってしまうかもしれない、もしくはちょっと怖い人々から脅されて恐喝されて身ぐるみ剥がされてなんてことにならないとは言えません。危険回避能力というのがかなり問われる掲示板であることは、間違いなさそうです。
しかし「神待ち」をしている女の子がたくさんいるのは事実で、そういう女の子の書き込みが多い掲示板を総称して「神待ち掲示板」と言っているケースも見られます。そういったことであれば普通の出会い系サイトにも神待ちをしている女の子はいますし、出会いアプリにもいます。「神待ち」に特化しているということを表すために「神待ち◯◯」としているものも見られます。例えば「神待ちカカオ」とかですね。
架空請求の巣窟という話もありますし、美人局や恐喝のエサ巻きに使われているという話もあります。しかし実際に神待ちの女の子に会えたという人もたくさんいます。神待ち掲示板は運営側があまり介入しませんので、すべてが自己責任となります。危険な香りは事前に察知して安全に遊べるように、慎重さが必要なところはきちんと押さえることが必要なのでしょう。
運営側があまり介入しない掲示板は無法化してしまう可能性が高く、なにかトラブルがあったときにも話の持って行きどころがないということになります。もちろん運営がシッカリしている出会い系サイトであっても男女間のトラブルに介入してくれるとは思えませんが、アカウント削除や警告など、何らかの処置をとってくれる可能性はあります。犯罪色が強ければ、もっと強固な対応を用意している場合もあるでしょう。とはいえ損害が戻ってくるわけではありませんので、自分の身は自分の才覚で守るということが必要となるのです。くれぐれも甘い言葉に引っかからずに、本物とサギや騙しを見分ける力を養いましょう。